lotus = 蓮

自分のCDは、リリース後あまり聴かない。

コンサートで弾くとき、復習のように聴くことはあるけど。

たしか中村紘子さんもそんな事を語っていらっしゃった。

「昔の自分のレコードは焼き捨てたい」というような。

演奏者が自分の録音を聴くとき

「ここ、もっとこう弾きたかった」とか

「もっと上手く弾けたはず」とか「ここは良い」とか

頭の中が騒がしくて

落ち着いて聴いてられない、という方も多いのでは?

そろそろ、蓮の花の季節だなーと

前に行った「滋賀県・草津市立水生植物園みずの森」を思い出した。

広い水辺に見渡すかぎり蓮が咲いているところ。

そして、蓮といえば「lotus」っていう曲も作ったなーと

ちょっと弾いてみる。

 

あれ?次のコードってなに?

忘れているのが悔しくて、

CD「jasmineを取り出し、久々に聴いてみた。

いやー、びっくりした。すごくいい曲!

不覚にも泣いてしまった。

だれ?作ったん。。七ッ谷ゆみさんやないの!

この人、才能あふれてるわ~。(もういいって?)

lotus=蓮 この曲は花のイメージではなく、

茎を流れる水脈の温度を想った曲。

たんたんときざむ左手のリズムは、心臓の音のようだ。

ついでに、CD次の曲「sayonara」も聴いてみよっと。

この曲に関しては lotus以上に記憶が薄い。

 

わー、またびっくり。

また泣いてしまった!

七ッ谷ゆみ、おそるべし。




4件のコメント

  1. よっちゃん

    祝㊗️二桁達成!

    ゆみさんのブログを読むと、
    私の中の時計の秒針が、ちょっとだけ緩むようです。

    急ぎすぎてるなあ〜
    無理していない〜?
    今日は、雨降り。ちょっと深呼吸して、行ってきまーす。

  2. 高谷京子

    別所にも大きな蓮池があるのです(*^-^*)
    蓮を求めていろんなところに写真を撮りに行ってる方に、向こうにいっぱい咲いてるよf^_^;と教えたら、驚いていました。こんな近くに….って。

    私もゆみさんの曲を最近全部通しで聴かせていただいて、ああ音の全身浴~ってなりました。
    そこで、25枚CDが入る年代物のステレオに、発売順に入れてみました。はまりそうです。

高谷京子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です