ブラームスの夏

6/17のブログに「クラッシックもがんばってます」と書いた。

がんばってる、と言っても

午前中は弾く、とか私なりのペースで。

そうやって淡々と続けていたら

なんと、友人(クラッシックのヴィオラ奏者)から

秋、一緒にコンサートしませんか?とお誘いがきた!

私の曲なども弦アレンジしてご一緒するけど

普段はクラッシックがメインの会場なので

クラッシックも入れることに。

えーっ!私、いいのかなー。

その友人のリクエストでブラームスのヴィオラソナタ。(元はクラリネットソナタ)

すっごい良い曲です。

しかし伴奏、すっごい難しい。

オクターブで長距離パッ、パッ、飛んでる。

(写真のブラームス。でっかい手を見よ!)

フォルテでかっこいいところ。

ミスしたくないっ。

百発百中、命中できるよう特訓。

こういう練習の時は心模様が大切。

ミスったとき「あかんやん、も~、何回やってんのん」と怒ってはダメ。

「大丈夫、原因つきとめよ。絶対できるから」

と、優しく励ますのが大事。




2件のコメント

  1. よっちゃん

    わかります!ホントに。
    褒められて伸びるタイプなのです。
    みーんなね!
    ゆみさんのコンサート、楽しみにしています。

よっちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です